気持ちが届くカタログギフト

カタログギフトは冠婚葬祭の贈答品、お中元、お歳暮等で、送り主が品物を直接送っていたり、手渡したりしていたものを、受け取り手が自分の好みよって品物を選べるように、品物が掲載されているカタログを受け取り手が選んで、注文する形の贈答品です。
初めてカタログギフトを取り扱ったのはシャディ。

冠婚葬祭のギフトで有名なこのシャディが一番手なのです。
以前は、冠婚葬祭の贈り物等に関しては、送り手がいろいろ考えて、品物を送っても、受け手の好みに合わなかったすることが多々ありました。
また忌み嫌われるような贈り物に、送り主の意思とは異なるところで、なってしまったり、送り主が贈り物を考えることは非常に難しいことでした。
結婚式の引き出物等もものすごい重量なのにも関わらず開けてみるとがっかりというような物がかなり多くなってしまっていました。
品物が豊富に市場に流通し、ある程度の金額で自由にいろいろな物が買える社会になっています。
昭和初期くらいまででしょうか、やはり結婚式はハレの儀式であり、引き出物等にしても、結婚式のごちそうにしても、日常とはかけ離れた贅沢なものでした。
それが国民ほぼ全員が中流と言われる社会になって、結婚式の引き出物等に大喜びするような風潮はなくなっていきました。
それよりも、好みに左右される陶器のものや大きな、名産の鯛をかたどった物等に関しては、以前は本当にみなが喜んだものが、嬉しいけれども重い、重いけれども、あんまり得意ではないといったような感想を持たれる事が圧倒的大多数を占めるようになりました。

それと同時に豪華でなくても実は足りていないものをカタログギフトで補うことができるようになったのです。
「こんなものが実は必要」というようなかゆいところに手が届くような商品が、カタログギフトにはたくさん掲載されるのです。
また、エステのサービス券や温泉、ホテルの宿泊券など、以前の贈り物では贈り物とできなかったものまで、送ることができるようになったのもこのカタログギフトの利点でしょう。
お中元、お歳暮等で、普段は味わえない贅沢を、親しい方にプレゼントできるのも嬉しいことです。
カタログギフトが発達した背景には宅配便が非常に早く、安く、便利になったということがあります。
人の好みに合わせて、贈ることが難しかったものも、またはかゆいところに手が届くような便利なものがプレゼントできるようになったカタログギフトは、贈り物の開拓者のようなものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*