気持ちが伝わるカタログギフト

物を購入する際に、目で見て得た情報というのは、ひじょうに重要なポイントになります。
自分が欲しいと思っている物が、どんな色、形をしているかというのは、文字で見たり、耳で聞いたりするよりも、やはり目で見るということが、一番の購入の決定打になると私は思うのです。
実際に実物を目で見て、目から情報を取り入れるという方法もありますが、写真などで見て情報を得るという方法もあります。
そしてその写真に説明文がかかれていて、物の細かい部分まで描写した写真があれば、実際に実物を見るよりも、詳しい情報を知ることができるという場合もあると思うのです。

そして、写真や説明文によって、さまざまな商品が紹介されているのが、商品カタログです。
今の時代、画像を高画質で表現することもできますし、カタログに販売元の連作先が記入されていることも多くありますので、カタログ一つから得られる情報量というのは、かなりのものがあると私は思います。
そして、人に物をプレゼントする際には、その物の情報というのをより細かく知りたいものです。
それは、自分の好みで選ぶことができず、プレゼントをあげるなら、やはりもらった人に喜んでほしいので、いつもより商品購入は、慎重になると思います。
実際に、プレゼントをあげる人と一緒に買い物をし、商品を選べば、その場で相手の好みや、必要な機能などを聞くことができるので、相手の欲しいものを確実に購入できるのだと思います。
その、相手が選べる、ということが重要なのだと私は思うのです。
カタログというものについて話しましたが、この商品カタログで、相手側が商品を選べるというものがあるのです。
カタログギフトというものです。
商品が数点のったカタログを相手側にカタログギフトとしてプレゼントし、相手側はそのカタログの中から商品を選び、受け取ることができるのです。
これであれば、自分で物を選んで、プレゼントが相手側の好みに合っていなかった、などということを防ぐことができると思うのです。

私はこれはひじょうに画期的なシステムだと思います。
人は、自分以外の人が思っていることを、完全にはわからない物です。
しかし、確かに相手を想う気持ちはある、そんな温かい気持ちが、好みに合っていないことで空回りしてしまったら、せっかくの気持ちはあるのにもったいないです。
人のちょっとした知恵でそんな空回りがなくなるということは、素晴らしいことだと、私は思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*