嬉しいカタログギフト

最近ではお返しなどをカタログギフトでもらうことが多くなり、そのカタログギフトの冊子が届くとその中から好きな物を選んでハガキで送ると後日そのリクエストした商品が届きます。
カタログギフトをもらうと一番はじめにするのがそのカタログギフトがいくらの物かということを調べます。
そして欲しいと思って選んだ商品がそのカタログギフトの値段より高い物なのか安い物なのかというのを調べます。

できれば高い物を選ぶほうが得した気分になります。
いくら高くても使わない物は選ばないようにしています。
以前もらった物でカタログギフトのものではないのですが、高価すぎて毎日は使えない湯のみ茶わんや花瓶などがありますが、そういった物は実用的ではないので良くないと思って他のものだと良かったのにと思うことがあります。
なのでカタログギフトの場合は自分が欲しいと思う物で毎日使う物か、食品か飲み物になることが多いです。
飲み物だとワインのセットをいつも選んでいます。
ワインのセットにしておくと送ってくれた友達や知り合いが家に来てくれた時にそのワインを開けて一緒にのむようにするとなにより喜んでもらえますし、お礼が言いやすいのでそうすることが多いです。
また食品だと牛肉やお魚を選ぶ時もあり美味しく食べたという報告とお礼を言いやすいのでワインの次に選ぶことが多いです。
そのカタログギフトの値段にもよりますが、量の多い物があればそれを選んでみんなでというのが基本的な考えにしています。
なので送ってくれる人もカタログギフトを選んで送ってくれるという人も中にはいます。
そしてまた絆が深まるのもいいなと思っていますし、みんなで集まる機会をつくることができるので楽しみにしています。
仕事柄人との付き合いが多くそういった贈り物も多くもらう時期がありますのでその時はいろいろとそういったことをかんがえながら選ぶようにしています。

またお葬式のお香典返しでもカタログギフトをもらうことがあり、その時には食べて無くなる物や思い出に残らない物をもらうようにしています。
個人的に人に対しての思い入れが激しいほうなのでそういった物が残るといつまでも引きずることになってしまうような気がするのです。
もちろん物にしていつまでも忘れないというのが一般的な考えかもしれないのですが、できるだけそういう時は残らない物を選びます。
単なるカタログギフトですが自分で選ぶというところがいろんな意味で心に残るものになるような気もしますし、無駄がなく最近ではいろんな時に使われているように思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*