カタログギフトを贈られた気持ち

最近、お祝いなどのお返しとしてよく贈られてくるのが、カタログギフトです。
我が家にもここ数年の間で、数冊のカタログギフトが届きました。
カタログギフトで選べる物の種類はかなり豊富で、多種多様に富んでいます。
それを眺めるだけでも、幸せなひとときだと言ってもいいでしょう。
実際には、膨大な数のなかから一つを選びださなければならないのですが、見ていればあれもこれもとついつい欲が出て、なかなか決められない事もしばしば。

でも、そんな贅沢な悩みこそ、カタログギフトの最大の楽しみ方でもあると思います。
我が家もこれまでカタログギフトで、様々なものを戴きましたが、なかには失敗したなと思う事もあります。
せっかく届いても、使わなかったり、思ってたものと違って気に入らなかったり。
これはカタログギフトに限らず、通販購入でも多く聞く話です。
そう言った何度かの失敗を踏まえて、我が家はカタログギフトで戴くものは、食べ物に限定しています。
雑貨や日用品など、あれば使いたいけれど、なければないで特に困る事なく生活出来るものは、実際に戴いても、殆ど使わないのが現状でした。
それではもったいないですし、せっかく贈ってくださった相手にも失礼になるので、消費期限が設けられている食品なら、食べた感想などを相手にも伝えられ、贈った側にも喜んでもらえる事が多いので、そうしています。
と、言っても食品だけでもかなりの種類があるので、選ぶのに毎回時間は掛かりますが、そういう時は結局、普段は高くて手が出せない国産の牛肉を選んでいる気がします。
先日も頼んでいたお肉が届いて、さっそくすき焼きをしました。
北海道は牛肉文化より豚肉文化ですので、すき焼きも豚肉でする事が多いのですが、牛肉でするすき焼きは、いつものすき焼きとやはり、一味もふた味も違った気がします。
その牛肉は義兄の結婚祝いのお返しで貰ったものなので、牛肉が届いて蓋を開けたところから、食べている様子までを写真に撮り、一言を添えてメールで送信したらば、とても喜んだ返信メールが届きました。

カタログギフトは味気ない、お返しならばきちんと自分で選んだものを贈るべきだという人の意見も、確かにそのような気もします。
が、どんな形でもあっても、贈られたものではなく、贈ってくれた気持ちに感謝すべきであると私自身は思うので、それがカタログギフトならば「好きなものを好きなように選んで欲しい」と相手は思って下さったのだと肯定的に捉える事にしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*